英語の構文150はハイレベル!難易度は東大なの?CD音声の使い方と勉強法

英語の構文150の評価と口コミ

浪人当時、偏差値33.4からの英語学習をスタートした際の思い出の作品です。

初めて本格的に英文を体系的に勉強するうえで必要な、文法のフレーズと例題(文章題)が書かれたページが隣接しており、フレーズを学習してそのまま実践的な英文にチャレンジできる部分が非常によかったです!

 

全体的なレビューをしますと、名前にもなっている”構文150”とあるように、中堅レベルの長文で出題されやすい小説や伝記に用いられる文法(as ifやfor 人 to 動詞)の例題がバラエティに飛んでいるかつテーマが満遍なく抽出されているため、シチュエーション別での構文学習が捗ります!

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語の構文150の周りの評判

予備校では主要なテキストとしてではなく、貸出図書として活用されていたため、当初より偏差値が60を超えている人は使用していなかったです。

また、MARCHレベル以上の大学を受ける人たちの共通理解として、構文を学習しただけでは早慶〜東大レベルの問題はできないので、150で学んだ構文+シスタンの1000以降の単語および過去問を活用し、単語の強化も併せて行うことが非常有効です。

 

『英語の構文150』のレベル、難易度

感覚では偏差値50〜58の大学レベルで出題されるジャンルや構文が多く収録されており、日東駒専〜成成明学ぐらいに最適な問題レベルです!

 

私自身も、偏差値50を超えた6月まではこの参考書の問題に四苦八苦していましたが、偏差値55を超えた8月後半あたりからは、これといった歯ごたえはなくなりました。

かといってMARCHレベルの英文に対応できるほどではなく、登場した構文を活かして単語と動詞の繋がりかたを意識する勉強法が必要になります。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語の構文150の使い方、やり方

『英語の構文150』を使う際の主なポイントは下記の2つです!

段落の中での構文の役割を意識する。

構文が出題されるシーンとして、主に正誤一致問題や並び替え問題がありますが、最も大事なことは長文の中での構文をしっかりと理解し、長文問題で点を取る学習をすることです!

単発的な設問よりも長文問題のほうが配点が高いのは言わずもがななので、ワンフレーズだけで覚えるよりも、文中での段落内での構文を理解することが大切です!

小説や伝記など口語文の対策に効果的!

前述のように小説や伝記などの口語文で用いられる文法を学習する上では、役に立ちますが、多くの高難易度大学(MARCH〜東大)では語句や主語が省略した形が出題される傾向があるため、フレーズやコンテクストの繋がりを把握することが重要です💡

偏差値60を超えて一通りの文法や表現技法を覚えたら、セットになっている例文を見返しただけで構文を捉えることができるレベルになると良いです!

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語の構文150のCDの音声について

シスタンにも共通していますが、構文を学習する上で音声の学習をする必要はないと思います。

音声では、同じパターンのフレーズを繰り返し聞きますが、英会話を学習する必要がない限り文章で理解することのほうが圧倒的に重要です。

よってCD音声による学習に時間をかけるよりは、繰り返し構文と例文を学習するほうが早期に構文を理解できます!

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英語の構文150と併せて使いたい参考書

続いて、MARCH〜レベルの大学に合格するために『英語の構文150』に併せて使ってほしい参考書を紹介します!

 

それは…

 

みなさんお馴染み『シスタン』です!

様々なレベルの単語に加えてすぐ右側に例文が載っているため、学習したワードをすぐさま確認できるので、構文と併せて単語の強化もすることが可能です!