入門英文解釈の技術70のレベル!難易度は難しい?CD音声の使い方も

私は関関同立大(MARCHと同程度)に合格、センター試験(現在の共通テスト)で得点率85%でしたが、英文解釈の1冊目の参考書として「入門英文解釈の技術70」を使用しました。

その時の体験談を踏まえて入門英文解釈の技術70のレベルや使い方、やり方に加えてCD、音声は必要かどうかについて解説していきます!

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

入門英文解釈の技術70のレベル

取り組み始めた高2の冬時点の英語の偏差値は大体53程度でした。

シス単やネクストステージをざっと1週した後からこの参考書に取り組み、高3の8月の模試では偏差値は60を取ることができました。

「入門」と書いているから簡単と考える方も多いと思いますが実際に取り組んでみるとかなり難しいです。

 

しっかりと取り組むことができれば共通テスト、MARCHにも十分対応可能です。

ただし和訳問題が少ないMARCHと比べて国公立大学の二次などでは和訳問題が多数出題されるため「基礎英文解釈の技術100」等の購入をおすすめします。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

英文解釈の技術70の使い方、やり方

英文解釈の技術70の使い方に関しては

①    問題を解く

②    解説を読んで必要なところにマーカーをひく

③    必要に応じて音読をする

の3つに分かれます。

 

  問題を解くに関してはまずは解説を見ずに問題を解きましょう。

1問1問がかなり骨のある文章になっているためわからないことが多いと思います。

しかし、わからない時でもとりあえず単語をつなげて文章を作るなどして白紙にするのはやめましょう。

 

②    問題を解いたら次は解説です。

1問1問の解説も丁寧に収録されているため、しっかりと解説を読んでわからないところにはマーカーをひいておきましょう。見返すときに役立ちます。

ここで注意しておくことは、正解した問題の解説もしっかり読むことです。

正解した問題であっても「たまたま単語をつなげたら正解した」場合のようにわかった気になった正解が一番危険です。

「どうして間違えたか」だけでなく「どうして正解したか」にも注意して解説を読みましょう。

 

③    また、必要に応じて音読をしましょう。

音読を繰り返すことによってその文章の構造を体に覚えこませることができるので積極的に取り入れましょう。

ただし、すべての問題を音読することは時間的にもかなり負担になるためおすすめはしません。

何回やっても間違える問題、正解したけどしっかり復習したい論点に絞って音読をするのがおすすめです。

>>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら

 

入門英文解釈の技術70のCD、音声は必要?

入門英文解釈の技術70に付随しているCDについてですが、全ての音声を活用する必要はありません。

理由としては、収録されている問題は記述問題用に作成されている問題であり、リスニング問題用に作成されていないからです。

リスニング問題特有の口語表現などはCDを聴いても習得できないため、他にリスニング用の参考書を買うことをお勧めします。

ただ使い方の解説で挙げた音読用の問題に関してはCDを聴くことで正しい発音で音読をすることができるため、使用するとよいでしょう。

 

入門参考書だからと言って油断することなく、最後まで徹底的に取り組んでみてください!必ず力は身につきます!!