Vintageの難易度は早慶レベル!ノートの作り方。時期はいつから?使い方は?

みなさんVintageは持っていますか?

学校で配布されたものを持っている人も多いかと思います。

 

では、みなさんはどのようにVintageを使っていますか?

「どう使ったらいいのかわからない」

「毎日読んでるけど効果があるかはわからない」

といった方もいると思います。

 

今回は国立大理系の私が、Vintageをどのように利用していたのかについてまとめたいと思います!

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

Vintageのレベル・難易度

Vintageで扱われている文法は基礎的なものです。

そのため、私がVintageに本格的に取り組み始めたのは偏差値50前半のときでした。

 

高校3年になる前には、一通り理解し覚えているような状態を目標として取り組みました。

そのころの偏差値は50後半で、苦手な文法や応用問題で失点をしていました。

 

そこからは、苦手な文法の章を中心にVinatgeを利用して勉強しました。

高校3年の夏休み前にはVintageを攻略し、夏休み後には偏差値60前後に安定するようになりました。

 

センター試験(現在の共通テスト)の文法はVintageで全てカバーできます。

二次試験や私立の問題では、Vintageに掲載されていないものが出てくる時があります。

そのため私は早めにVintageを攻略し、その後は過去問を解くことでVintageに載っていない文法知識を得ていました。

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

Vintageにいつから取り組んだか

私がVintageに本格的に取り組み始めたのは、高校2年の夏休み後からです。

 

まずはVintageを一周し、全て理解することから始めました。

 

高校3年になるまでには、各章の正答率を75%以上にすることが目標!

ひたすら問題を解いていました。

 

高校3年生の春からは、苦手な章や何度も間違える問題を中心に勉強しました。

夏休み後は、過去問や実践問題を解く中で復習のためのテキストとしてVintageを利用していました。

 

上記のような流れで、自分の実力に合わせて使い方を変えながら約1年半Vinatgeを利用しました。

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

Vintageの使い方

Vintageには多くの小問が掲載されています。

しかし、ただそれらを解くだけでは効果がありません。

 

私は以下の流れでVinatgeに取り組みました。

 

①まずは全ての問題を一周する

この時のポイントは2つです。

間違えた問題に印をつけましょう(付箋も可)

各章の正答率を出しましょう

間違えた問題のみを解く(二周目)

ここでも間違えた問題は、以下の例のように種類別に印をつけましょう

例)凡ミス→黄色 全くわからない→赤 解説があればわかる→緑

③最終的には正答率90%以上を目指し何周もします

 

その他のポイントは以下の2つです。

・各章の最初にある文法解説はよく読み、必要なとこはマーカーを引く

・答えを暗記するのではなく、問題を理解する

 

効率的にVinatgeを利用し、確実に偏差値をあげましょう。

>>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら

 

Vintageのノートの作り方

Vinatge用のノートは作った方がいいです。

 

特に先述したVintageの使い方をするためにはノートが必須です。

同じノートにまとめていると、正答率の変化がわかりやすいのでやる気にも繋がります!

 

私は普通のキャンバスノートに、章ごとに自分の解答と正答率を書いていました。

間違えた問題に関するポイントも同じページにまとめ、自分だけのノートを作ります。

 

問題を解いて答え合わせをするだけなら、ルーズリーフや裏紙でもいいと思うかもしれません。

しかしそれでは何の糧にもならず、何回Vinatgeを解いても効果がないということになってしまいます。

 

ノートを作ることで、いつでも復習できます。

さらに、自分の積み重ねが目に見えてやる気にも繋がります。

ぜひまずはノートを作ることから始めてみてください!