【シス単】多義語の覚え方とコツ!5章は、いらない?一覧で暗記しよう

私は、英語の勉強を始めた当初は、英語が一番の苦手科目で、学校の定期考査でも毎回追試になるような成績をとっていました。 しかし、高校2年生の夏に大学受験を決意し、第一志望校であった慶應義塾大学に現役合格することができました!また、併願校であった早稲田大学や上智大学からも合格をいただきました。この記事では、そんな私の体験談も交えつつ、「シス単の多義語(5章)の必要性と覚え方」についてまとめて行きます! […]

【ネクステ】イディオムと会話表現、いらない?文法語法だけ必要?

私は元々英語が苦手で偏差値は50なかったのですが、MARCHレベルの大学に現役合格したもです。 この記事では英単語の参考書である「ネクステの文法・語法は、いらないのか」について、中身について確認しながら徹底的に解説していきます。   ネクステとは?簡単に紹介します! ・概要:「文法」「語法」「イディオム」「会話表現」「単語・語い」「アクセント・発音」の大学入試頻出項目を最も効率的に身につ […]

鉄壁だけで早慶&東大足りる?必要な大学は?いつから?鉄壁の次は?

私は地方の公立高校から塾に行かずに東京大学に現役合格したものです! この記事では、「鉄壁」について、実際に中身を見ながら徹底的に解説していきます。   鉄壁が必要な大学のレベル、偏差値 鉄壁が必要な大学は、いわゆる「最難関大学」、つまり東京大学や京都大学となってきます。 これは、鉄壁の出版社が、毎年数多くの東大合格者を輩出する塾の一つである鉄緑会であることからも明らかだと思います。 実際 […]

数学基礎問題精講の到達点とレベル!早慶や東大は足りない?いつまでにやる?

私は受験生の時に数学を得意科目として、東京工業大学に現役合格したものです! この記事では「数学基礎問題精講」について、その特徴と使い方を徹底的に解説していきます!! >>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら   数学基礎問題精講とは? 簡単に紹介!   ・概要:最短で基礎固めができる基礎問題集 ・著者、出版社:上園信武(旺文社) ・レベル、偏差値:教科書~GMAR […]

英語長文の【穴埋め問題】空所補充問題のコツ!解き方を講師が解説

私は受験生の時にE判定からMARCHの大学にに合格したものです! 今回は私が大学受験を通して学んだ英語長文の穴埋め問題の解き方のコツをお伝えします。   英語長文の穴埋めは大きく分けて 1.文章の前後を見れば解ける問題 2.文章全体を読んで内容を理解しながら解く問題 の2種類があります。 >>早慶の英語長文さえも「速読」するワザはこちら   ①文章の前後を見れば解ける問題の解き […]

数学標準問題精講の到達点!レベル・難易度は難しい?足りない?いつまでに完了?

数学標準問題精講とは? 数学標準問題精講はⅠA、ⅡB、Ⅲとそれぞれ分かれて出版されています。分野ごとに、受験に必要な技法や典型問題を挙げています。例題とその解説があった後に、そこで重要とされる技法を利用した類題として演習問題が掲載されている構成となっています。 >>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら   問題数と扱っている分野 ⅠA 例題124問 第1章 数と式 第2章  […]

大岩のいちばんはじめの英文法が終わったら次は〇〇!参考書のレベルは?

こんにちは。私は物理・化学選択で理系受験を行い、現在は東京理科大学に所属する現役大学生です。 今回は、初学者におすすめの英語参考書、「大岩のいちばんはじめの英文法」について解説していこうと思います。   大岩のいちばんはじめの英文法とは? ・概要:中学レベルから英文法を押さえられる参考書 ・著者、出版社:大岩秀樹、ナガセ ・レベル:基礎から共通テストまで ・問題数:(超基礎文法編)26講 […]

【解体英語構文】いらないってガチ?必要?レベルと使い方&勉強法

大学受験で重要な構文をもらさず収録している「解体英語構文」。 Amazonの口コミでも評価が高い、ロングセラーの参考書です。 この記事では「解体英語構文」について、使い方やレベルを中心にご紹介します。 >>私が模試の全国ランキングに入るまでの道のりはこちら   解体英語構文とは?簡単に紹介! 概要:大学受験生に向けた英語構文の参考書 著者、出版社:風早寛(Z会) レベル:共通テスト~私立 […]

LEAPとシス単と鉄壁をガチ比較!どっちがおすすめ?【東大京大・早慶】

私は受験生時代に参考書を使って独学で勉強し、1年で偏差値を30近く上げて、上智大学に合格したものです! この記事では、「LEAP/シス単/鉄壁」について詳しく解説していきます。 書店やネットで大学受験用の英単語帳を探すと、大量の単語帳が並んでいますよね。 上に挙げた3つの単語帳は、どれもよく売れていて、評判の良いものばかりです。 ですが、いざ自分が使っていこうとなると、どれを使えばいいのか迷ってし […]

【体系物理】レベルが難しいと話題。東大・京大の難易度?問題数や使い方、評判

私は高校生の頃に物理があまり得意ではありませんでしたが、この記事で紹介する「体系物理」を活用して勉強を進めることによって、難関国立大学二次試験で8割の得点率を達成できました。 あらためてこの記事では「体系物理」について、実際に中身を見ながら徹底的に解説していきます。   体系物理とは?簡単に紹介! ・概要:記号式の基礎的な問題集 ・著者、出版社:下妻清、岡田拓史(教学社) ・レベル、偏差 […]

1 7